<< 「五足の靴」をゆく  平戸編     森まゆみ著 | top | ガイアの夜明け  平戸城  城泊 >>

平戸に関するテレビ番組と志々伎出身者の歌のリンクについて

    9月15日の「ガイアの夜明け」で平戸の城泊について放送があったようですが、番組があることに気が付きませんでした。知ってたらみたはずですが残念です。

 

 9月15日は平戸がでる「田舎での1000万円プレイヤ−」と三浦春馬の「おカネの切れ目が恋のはじまり」をみた。

 特に三浦春馬がでる番組については妻のテンションがたかく、「太陽の子」「世界は欲しいものにあふれている」など。「おカネの切れ目が恋のはじまり」は8月の終わりごろから9月15日とチェックしていた。三浦春馬は映画 舞台 テレビと活躍していてはたからみれば順風満帆。なぜ自殺しなければいけないのか理解に苦しむ。

 

 妻も活躍しているときはさほど特別な関心を三浦春馬にもっていたわけではないけど、亡くなってからは注目度が高く、そんなものかと私は首をかしげている。「おカネの切れ目が恋のはじまり」の相手役は松岡茉優で、「限界集落株式会社」「水族館ガ−ル」でのコミカルな役が好きで、私も妻に合わせるに異論はなく、みることに。

 

 「田舎での1000万円プレイヤ−」は先々週の予告で長崎といいながらも、何回も映し出される棚田が春日の棚田にそっくりなのでひょっとしたら平戸では思っていたら、あたりでしたね。紐差のアスパラガスの生産農家が1000万円プレイヤ−で、大きいス−パ−と取引するにはある程度の供給能力が必要で仲間になる農家、特に外から若い人が加わってくれれば、人口が増え一石二鳥だというような内容でした。

 番組の当初平戸の地図が赤で表示され、田平駅、平戸大橋、春日の「かたりな」での世界遺産の説明など、平戸の宣伝にもよくなっていた番組です。

 

 

 東京・平戸北松会で知り合いになった、志々伎出身の松瀬隆幸さん。南部中学では大石一久君と同年だったという。大学をでて神奈川県警に入り、警察官として定年まで勤めあげ、現在は第二の人生で仕事をしていますが、趣味がカラオケ。その趣味が昂じてCDを出すことになりました。ユ−チュ−ブでも松瀬隆幸で検索すれば、本人が作詞した「横浜縄のれん」と平戸の応援歌「平戸ふるさと」が出てきます。「横浜縄のれん」は若いころ勤務した横浜の昭和のイメ−ジで作詞したそうです。二曲を紹介します。

 

横浜縄のれん     

平戸ふるさと

hirad3519 | 平戸島南部 | 13:09 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH