<< 平戸の人物  松浦 清(静山) | top | 夏はハマボウ >>

この頃  2020.7.12

 テレビニュースで見る広範囲にわたる水害には胸が痛みますが、高校生などがすぐボランティア活動を行っているのは一種の清涼剤です。定額給付金が入金されたら7月豪雨に寄付しようとおもっているのですがまだ届いていません。

 

 連日のコロナ感染200名越え。対策を取らないと倍々に増えるとおもうのですが、毎日のようにコメンテーターとしてワイドショウにでている政治評論家に田崎史郎という人がいます。政権中枢に取材網があり安部首相とは二人で食事をする間柄だそうです。

いわば安部応援団の一人。政府の広報マンと言ってもいい立場で毎日テレビにでている。昨日のテレビでこんなことを言っていました。「政府も悩みながらいろいろやっているんだけど対応策がないんですよ。結局国民がマスクをし、手洗いをして自分のことは自分で守る他ないんです。」だそうです。経済をうごがすにはコロナ感染増加はやむを得ないと言ってるようです。田崎さんは時々言わなくてもよいことをいうので又やってしまいました。

 

 コロナ感染者が増えると病院の医療従事者に負担がかかってきます。基幹病院が救急医療を停止して一般の患者さんにも影響がでてきます。もちろん病院の経営が厳しくなる。女子医大は夏のボ−ナスはカット、400人の看護師が退職の意向があるそうです。病院の医療体制が崩れたらコロナ感染者増にどう対応するんだろう。

 

 夜の街や、若い人は軽症ということばかり強調して4月とは違うと言ってますが、コメンテーターは病院の実態について論じることを希望するものです。

 

hirad3519 | つれづれの記 | 20:42 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH