<< 佐世保 50年ぶりの雨量 | top | この頃  2020.7.12 >>

平戸の人物  松浦 清(静山)

   朝のニュースでみた球磨川の流れは凄かった。自然の猛威は手に負えない。夕方のニュースで被害の実態が分かってきました。なお今夜も雨が降るという少しの雨量で終わってほしいですね。

 

 この肖像画は9代平戸藩主、松浦清。隠居後静山と号し、江戸時代を代表とする随筆「甲子夜話」の作者です。

 

 この書物は隠居後21年の歳月をかけて記述したもので全部で278冊になります。

内容は江戸幕府、大名家、社会風俗、地理、自然現象、海外情報、狐狸妖怪そのほか広範囲に及んでいます。彩色絵画を交えた豊富な挿絵を載せ、詳しく記述しています。江戸時代を代表する情報誌といえるでしょう。

 

 武芸は特に剣術に秀で心形刀流の達人として、天下にその名を知られていました。「平戸の文化と自然」より。

 

 
 

hirad3519 | 平戸の人物 | 19:40 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH