<< この頃  緊急事態宣言解除  2020.5.24 | top | この頃 平戸もコロナ対策慎重  2020.6.7 >>

天声人語に「三浦按針」と「平戸市」が

 今朝の朝日新聞の天声人語です。私は普通天声人語は読まないのですが、三浦按針の名前が最初に出てくるのでついつい読んでしまいました。平戸市役所の塩塚浩一さんや「按針サミット」などがでてきます。

 

 

 三浦按針という名に初めて接したのは何十年も前、中学の英語の授業でのこと。「造船術を日本にもたらした偉人」と習った。

英国出身で、徳川家康の外交顧問として活躍したウイリアム・アダムス。今月、没後400年の節目を迎えた。航海士だった按針は1600年、大分に漂着した。「家康に面会して堂々と国際情勢を述べる。度胸のいい人だったと思います」と話すのは長崎県平戸市役所の塩塚浩一さん(52)。按針の没した地で、3年前には市内の墓所からそれらしき人骨も掘り出されている。按針とは「水先案内人」を意味する。家康に引き立てられ、交易を求めて来日した人々を幕臣に引き合わせる窓口として活躍。外国人でありながら、旗本に抜擢される。

 だが2代将軍以降、特権を失う。鎖国政策が厳しくなって、平戸へ。英蘭2国の商館経営を助けるかたわら、アジアへ船を出す貿易商として腕をふるった。新旧の評伝を読んで浮かぶのは、機転が利き、権力者に巧みに取り入る海の男の姿だ。待望の帰国許可を幕府から得たのに上官と対立し、帰国せずに終わる。

 故国に妻と2子を残しながら、日本でも2人の女性との間に3子をもうけたとされる。教科書の記述とは違い、どこまでも偉人らしくない。残念ながら今月末、平戸市で開かれるはずだった「按針サミット」と「按針忌」は、いずれもコロナ禍で日を改めることになった。英国からゆかりの人を招く計画も延期に。むかしもいまも意外と遠い日英である。

 

  三浦按針のすべてをうまくまとめられているので、三浦按針とはどんな人と聞かれたとき参考にしようと思います。

按針サミットとは、漂着した大分臼杵市、西洋式船舶を造った静岡県伊東市、旗本としての領地横須賀市、平戸の英蘭の商館を造るのに献身し晩年をすごした平戸市が、偉人の顕彰と功績を広めるために行われているものです。


 

hirad3519 | 平戸の文化 | 12:42 | - | - | - | - |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH