<< この頃 2020.3.1 | top | 新型コロナがもたらす不況下の加速 1ヶ月前の新聞記事から >>

「五足の靴」をゆく   明治の修学旅行    森まゆみ著

 五足の靴とは、明治40年夏 与謝野鉄幹 北原白秋 吉井勇 平野満里 木下杢太郎 の五人が南蛮文化への興味を胸に九州を旅し、その年の8月7日から9月10日にかけ東京二六新聞に連載された旅行記です。

  

 

 作家の森まゆみさんはその五人が旅した行程を追体験し「五足の靴」をゆくを発刊しました。

まだ少ししか読んでいませんが、ご紹介します。

 

 著者は本書を書いた動機をあとがきに書いています。

 

 西洋というものが日本に入ってきた時、人はその技術を学ぶのに躍起となり、それが「文明開化」であり、「殖産興業」であったのだろうけれど、知識人たちはその技術や思想の因ってきたる精神をも知ろうとして、キリスト教に関心を抱き、さらに日本にキリスト教がもたされた16世紀半ばに思いをいたしたのである。 九星霜を費やして雑誌に訳載されたあげく、明治35年に刊行されたアンデルセン「即興詩人」は森鴎外によるドイツ語からの重訳であったが、そこに描かれた19世紀のイタリア、そのカトリック世界は、文語体による洗練された文章と相まって人々を惹きつけて止まらなかった。本書を書いた一の動機はまず「五足の靴」にいかに「即興詩人」の影響が大きいかを見ることである。鴎外を敬愛した与謝野鉄幹と若い仲間たちは、西洋に行くことは難けれど、せめて九州の、宣教師がやってきて布教したところ、そこで伝えられた事物、禁教をきっかけに少年を総大将に起こった乱の現場、そして今も教会に神父のいるところを訪ねてみようと思い立った。そしてやがて鉄幹、萬里、杢太郎らは、鴎外の見たかったフランスやイタリアも旅することになる。

 

 と述べている。そうであるからフランシスコザビエルや、三浦按針が来訪し、南蛮貿易で栄え、キリシタン布教と禁教制に揺れた平戸については、その歴史的概要を述べながら著書の思いを書いている。的土大島にまで足を運び、捕鯨まで言及しているので、この本を読めば平戸の歴史の一部が解るような気がします。かなり詳しく書いています。

 そのなかでセンスのよいリフォームが施された大曲家のリビングで、生ガキや魚のリュウキュウ漬けなど、美味しい昼食を頂いたとの一文があります。

 又平戸の領主松浦家の祖、源融が源氏物語の主人公のモデルとあり初耳です。

まだ一部しか読んでいませんが、長い時間をかけて追体験しただけあって読みごたえのある本になっています。

 

 「五足の靴」は小作品ながら、幅広い層に「南蛮趣味」「キリシタン」を日本の重要な文化遺産として「再発見」させる契機となったという意味で後世に果たした役割は大きい。

 
 

hirad3519 | 平戸の歴史 | 20:05 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH