<< 芥川賞 古川真人さん「背高泡立草」のモデル長崎の小島 平戸市的山大島 | top | 椿展 国登録有形文化財  武家屋敷  大曲家で >>

見直される木造建築   木造ビル建設が可能に

 見直される木造建築 これは昨日の朝日新聞の記事です。私はなぜか気が付かなったのですが妻が

切り抜きしていました。

 

 木造建築が住宅だけでなく学校や病院という公共建築を木で建てる例が増えているという。

日本の木造建築工法から、木造でビルを建てるまでの工法の変遷と、建築法の変化を述べている。

 

 藻谷浩介とNHK広島取材班著による「里山資本主義」で、岡山真庭市 銘建工業の中島社長が

バイオマス発電と木造建築の先進国オ−ストリアから学んで日本でも木造でビルを建てるというのが現実味をおびてきた。この記事によると2016年に、建築法が改正され大規模な建造物を建てるためのCLTとよばれる板の一般利用が解禁された。

 

 2013年に発刊された里山資本主義のなかで「21世紀先進国はオ−ストリア」の章をパラパラと読み直してみると、最初読んだときは気が付かなかったその先進的な考え方に改めて感銘をうける。
 

hirad3519 | 藻谷浩介 | 20:50 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH