<< この頃 「平戸漁港」のヒラメ と ナバロンの要塞 | top | 見直される木造建築   木造ビル建設が可能に >>

芥川賞 古川真人さん「背高泡立草」のモデル長崎の小島 平戸市的山大島

    今回の芥川賞は福岡在住の古川真人さん「背高泡立草」に決まりました。

 

新聞によると 受賞作は一貫して書いてきた九州の島に本家がある一族の物語。濃密な方法を方言を多用しつつ、草刈に来た家族の意識と、その島にまつわる江戸時代から現代までの記憶を交互に描いた。

 

 選考委員を代表して島田雅彦さんが「草刈りという退屈な作業を描くなかでその土地の歴史的な重層性を巧みにすくいあげたことが評価された」

 

 

 その九州の島、他の新聞では長崎の小島と書いているとこもありました。

数えきれないほどの長崎の小島。どこだろうと思っていたら、平戸市の的山大島という情報がすぐ届きました。

芥川賞作家のお母さんが的山大島出身だという。驚きました。

 

 2012年の夏私も的山大島に行きました。その時撮った写真を二枚。

古く海上交通の要所だった。上の写真は明との勘合貿易で遣明船が利用した今に残っている

「朝鮮井戸」 海岸にあるのに真水がでるという不思議な井戸です。

 

 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された建物群。江戸時代から昭和初期

にかけて建てられた貴重な木造建築物が百棟以上残る浦方の地区です。

 

江戸時代16、18世紀には捕鯨で、明治以降昭和30年代頃までは鰯漁の根拠地として栄えています。

 

島の風景は、棚田 海岸線の断崖など見るものすべてが絶景の島。

 

もちろん平戸も芥川賞の話題で盛り上がっていると思われます。
 

hirad3519 | 的山大島 | 19:44 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH