<< 新年明けましておめでとうございます。 | top | 芥川賞 古川真人さん「背高泡立草」のモデル長崎の小島 平戸市的山大島 >>

この頃 「平戸漁港」のヒラメ と ナバロンの要塞

平戸漁港のヒラメ 

 

 10日(金)今年はじめて「平戸漁港」に。ヒラメの刺身がはじめてメニューにあったので迷うことなく注文。これが年あけのプレゼントのように素晴らしい。見た目は透き通るような白、食感がよく旨味があってこんな美味しいヒラメはじめてで感激。

新鮮なヒラメは透き通るような白色をしているというので、その通りのヒラメと思われる。私は幸運だったようです。「平戸漁港」で

いつもこんなヒラメがあるかというとそうでもないようです。

 

 昨日は私だけでなく妻にもと思い、二人でもう一度行ったけど、旨味は変わらないものの色は少し変わっていて、最初の感激ほどではなかったですね。その日は礫岩のふもと大佐志で養殖されている黄金とらふぐを活用した「平戸黄金とらフグの唐揚げ」と「平戸牛すじ煮込み」を。 とらフグの唐揚げはとらフグを捌いたあとのアラを活用して唐揚げにしたもの。独特の味がして美味しい。「平戸牛すじ煮込み」は平戸牛のだしが効いていて品のよい煮込みになっている。美味しさは言うまでもありません。

 

 妻は毎年やっている同年の女子会の会場にと思案していたけど、食事が中心の女子会に居酒屋は合わないとの結論になったようです。

 

 

ナバロンの要塞

 

 ナバロンの要塞は、中学三年生の夏休みに学校の先生と一緒に佐世保の映画館でみた印象にのこる映画ですが、テレビ番組をみていたらBSで放映するというので、時が経って観たらどなんな感じがするのか見てみることに。

ところが覚えていたのは、主役の「グレゴリーペック」と初めの場面、特殊要員が鋭い崖をよじ登ってナバロンの要塞に潜入するところだけでしたね。女性パルチザンに裏切り者がいて殺さざるをえない場面は、そういえばそんな場面もあったと思いだしたけど、最終目的である砲台を爆破する場面はすっかり記憶からずり落ちていた。半世紀が経っているのだから致し方がない。

 

 それにこんな活劇は映画館の大画面でみないと、事務所の小さいテレビでみても迫力がありません。

 

 

 

 

hirad3519 | 平戸の食べ物 | 18:28 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH