<< 茶室 閑雲亭でお茶の先生からお点前をうけるはずだったのに! | top | 春日集落拠点施設「かたりな」に行ってきました >>

平戸に600ミリ以上の豪雨

 平戸に猛烈な雨が降っているという最初のニュースをみて、津吉の実家にも電話をいれました。

 

 今も行けるようになっているか知りませんが、小さな小高い山の上に稲荷神社の祠があってそこらあたりが豪雨で崩れていないか、満潮時の古田川は大丈夫か聞いてみたら、弟が南部は大したことはないという返事。

 

 古田川

 

 それでも600ミリを超えると心配になって再度電話をいれたら、同じ返事で大したことはないとのこと。

 

 次に生月の姉に電話をいれたらこちらは逆で、深夜何時間にもわたって雷を伴う豪雨で恐ろしかったという。どこかで災害が起こっているのではないかと心配していたという。津吉は古田川の国道のほう(実家がある側)は高くなっているのでなんともなかったが、逆のほうは国道側より低くなっていて道路が冠水。あとどれぐらい雨が降るかわからいので、近くの人は家に浸水するかもしれないと不安でいっぱいだったという。

 

 結果としては道路までの冠水でことなきをえている。遠くの姉のほうが地元の弟より詳しいというこの情報格差。格差というよりお酒を飲んでぐっすり寝込んでいたのでは。

 

 被害は佐賀のほうがひどかったけど、ニュースで表示される雨量の総計は平戸が一番多く、これからも雨が降る予想なので被害がないことを願っています。

 

 


 

hirad3519 | 平戸島南部 | 20:15 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH