椿展 国登録有形文化財  武家屋敷  大曲家で

  2月 平戸は椿の季節です。

 

 登録有形文化財 大曲家では今年も椿展が開催されます。今年のDM。光を巧みにつかったDMです。

 

 五島は椿で有名ですが平戸も藪椿が沢山あり、いろいろな種類の椿には椿愛好会の皆様がそれぞれ名前をつけていて、楊貴妃   玄宗 白楽天 鎮信、それにマリア様というのもあります。

色も赤色の他ピンク色や白色などいろいろな色があります。毎回椿に様々種類があることを紹

                  介していますが、私が感動するのは沢山の種類があることで、興味深いからです。なかには一                         

本の木に五種類以上の椿があることも。 

 

  大曲家の椿展には唐津焼の陶芸家南森正仁さんの作陶展。

 

 昨年の椿展をみていると、販売コーナーで、プティのお菓子のほか、森酒造場の甘酒、山彦舎のマーマレード、 たねのわ搾油所の菜種油と胡麻油、根獅子の農業女子Fさんの絶品ジャガイモと古代米等などが委託販売されています。

 

  大曲御夫妻の椿展を準備される心には心響くものがあります。

hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 20:33 | - | - | - | - |

平戸つつじが咲く頃  武家屋敷と旧家のお庭公開

 平戸つつじが咲く頃、今年も平戸の武家屋敷を中心としたお庭公開が4月20日(土)、21日(日)行われます。これは大曲敦・淳子家のポストカ−ドになります。

 

 平戸は15、16、17世紀中国貿易 南蛮貿易で栄えました。平戸は、その発展の基礎を海上交易に関わる人々に頼っていたため、港周辺は商人の宅地とし、家臣は平戸港周辺の高台等に武家屋敷を構えることになりました。大曲家もその一つで市街地から離れたところにあります。

 

 大曲家は大正13年、平戸の武家屋敷の系譜を引いた書院造りの家で、国の登録有形文化財になっています。庭園は江戸時代中・後期に造られたもので今日まで大曲家が維持してきました。庭園は山の斜面を借景とし、住宅の大広間から眺めるように造られています。
 

 

 平戸つづじは平戸の武家屋敷を中心に広まったツヅジで、南蛮貿易の頃、中国や琉球系のツヅジ(オオムラサキ、リュウキュウツヅジ、ケラマツヅジ等)がモチツヅジやヤマツヅジの影響を受けながら交雑してできたものといわれています。

 ひらどつづじは命名種だけでも300種を越す多彩なバリエ−ションと大型で華やかな花が特徴です。いまでは全国にひろがり公園や街路に良く咲いています。

 東京でみかけるヒラドツヅジはほとんどが剪定され丸型や角形になっていますが、大曲家では江戸時代からのそのままの形のツヅジをみることができます。

 

 庭園と書院造りの住宅のコントラスは見事です。

 

 オープンガ−デンや椿展のイベントを通じて、平戸へUタ−ンや移住された方が造ったマ−マレ−ドや菜種油、皮をむいたら黄色で甘い特色のあるじゃがいも、プティタプティが造ったお菓子。

陶器や平戸つつじで染められた生地などがいままで販売されています。これも又優れたものばかりです。

 

 当日が好天にめぐまれることをねがっています。

 

 

 

 
 

hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 20:20 | - | - | - | - |

椿展 登録文化財大曲家 2019.2

 平戸は椿展やつばき祭りの時期になりました。春のおとづれ、平戸は椿です。

 

 登録文化財大曲家では 2月23日(土) 2月24日(日) 午前10時〜午後4時

  「椿展・南森正仁作陶展」が行われます。

 南森正仁氏は唐津焼の陶芸家で平戸の椿についても詳しい方と聞いています。

 

 私は岩谷神社にいく道の側にあった白い気品のある山茶花は印象に残っているのですが、やぶつばきについては津吉では印象にあまりないのが残念です。いろいろ読んでいますと平戸のやぶつきは赤色だけでなく、色や形がちがうのが沢山あって、平戸の「椿・山茶花振興会」の皆様がそれぞれに名前をつけているようです。鎮信 楊貴妃 恋衣 森の妖精 平戸しぼり 白楽天 玄宗など100種類以上の名前がつけられていて、現在も新しい形 色の違うやぶつばきが発見されているようです。
 

 

 大曲家の椿展ではこのような平戸の多様なやぶつばきがみられるものと思い、楽しみです。

 

 その他に未来創造館「第44回椿まつり」午前9時〜午後4時

 

 ギャラリイ上町(旧吉田産婦人科)「椿の花を、刺し子とともに」午前11時〜午後5時

 

 森酒造場「酒造で椿と遊ぶ」新酒ができました!

 

                  などです。 
 

hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 12:03 | - | - | - | - |

平戸つつじが咲く頃 武家屋敷と旧家のお庭公開 

 平戸つつじが咲く頃、今年も平戸の武家屋敷を中心としたお庭公開が、21日(土)、22日(日)行われています。今年は天気がよくて良いイベント日和です。

 

 平戸は江戸時代までは700年の間松浦家が領主として治めていた城下町です。転封などで領主が代わったりする藩にくらべ平戸の一つの特異性ががみてとれます。

 

 大曲敦・淳子家のオ−プンガ−デンのポストカ−ドです。
 

 

 大曲家は大正13年、平戸の武家屋敷の系譜を引いた書院造りで、国の登録有形文化財です。

 

 庭園は江戸時代中・後期に造られたものと聞いています。江戸時代から現代まで大曲家が維持されてきた庭園ですので、庭と書院造りの住宅のコントラストは見事です。

 

 庭園は林の斜面を利用しながら造られていて、庭園は住宅の大広間から眺めるように造られいると聞いています。

 

 平戸つつじは、南蛮貿易の頃、中国や琉球からもたらされたツツジを鑑賞用に武家屋敷の庭に植え、それが長い年月の間に庭内で自然に交雑をくり返して生まれました。

命名種だけでも300種を越す多彩なバリエ−ションと大型で華やかな花が特徴です。

 東京でもヒラドツツジは公園や、歩道の生垣としてよくみられますが、剪定されてコンパクトになっ

             


 っていますが、平戸の武家屋敷では剪定をくわえながらも、そのままの姿で大きく成長させていますので見応えのある平戸つつじになっています。

 

 全国各地でも日本庭園を公開する取り組みがされていて。大曲家の奥様が良く調べて作成されたものが左のインフォ−メンションです。

 

 新潟県の「にいがた庭園街道」 新潟県村上市の「城下町村上春の庭百景めぐり」など新潟県が特に活発に活動をされていると聞いています。

 

 大曲敦・淳子家では、陶器や、平戸つづじで染められ生地、平戸へ移住された方が造ったマ−マレ−ドや菜種油、それにプティタプティの焼菓子などが販売されているようです。 

 

 後継者不足、庭を維持する方の高齢化などさまざまな問題を抱えていますが、日本庭園が次代に引き継がれていくことを願っています。

 

  昨年のオープンガ−デンはこちらです

             


 

hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 07:43 | - | - | - | - |

椿展  登録文化財大曲家 2018.2

 今年も平戸は椿展や椿まつりの時期になりました。 春のおとずれ、平戸は椿 です。

 

椿展 大曲家の案内、苦心して作成されたようですが、スキャンしてみたらこんな椿の色

になりました。実物より色が沈んでしまいました。花びらの赤はもっと明るいし、中心の黄色の部分ももっと鮮明になっています。

平戸の武家屋敷で国の登録文化財になっている大曲敦・淳子家では

24日(土)、25日(日)、午前10時〜午後4時

南森正仁作陶展が同時に行われています。 11回目の椿展になります。

 

 

 

 未来創造館では「第43回椿まつり」午前9時〜午後4時(25日は午後3時終了)

43回とはすごいです。平戸椿・山茶花振興会の皆様がおやりになるのでしょうか。

 

 ぎゃらりい上町(旧吉田産婦人科)

 「椿の花を、刺し子とともに」午前11時〜午後5時

 

 森酒造場「酒蔵で椿と遊ぶ」

 温かな粕汁のおもてなし
 

 

 

 ヤブツバキといえば、私なんか赤色の花しか想い浮かびませんが、「週刊 平戸の椿は、よい椿」をみていると、少しずつ色や形が変化した椿があって、それぞれ名前がつけられています。楊貴妃とか森の妖精など。今も新しい椿が発見され平戸椿・山茶花振興会の皆様がその花にふさわしい名前をつけてるようです。100種類以上あるとか。そういったいろいろな椿も大曲家の椿展ではみられるかもしれません。平戸では森を切り開いて椿の植樹をしているところもあります。将来が楽しみです。平戸は今魚の「ひらめ祭り」もやっているようですので、ぜひ平戸へお出かけください。

 

 

 

hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 10:38 | - | - | - | - |

平戸つつじが咲く頃  武家屋敷と旧家のお庭公開

 平戸では平戸つつじが咲く頃、9軒の武家屋敷と旧家の庭が公開され、見学することができます。

 平戸つつじは、南蛮貿易の頃、中国や琉球からもたらされたツツジを鑑賞用に武家屋敷の庭に植え、それが長い年月の間に庭内で自然に交雑をくり返して生み出されました。命名種だけでも300種を越す多彩なバリエ−ションと大型で華やかな花が特徴と言われています。
 

 全国各地にある大型のツツジも総称して平戸ツツジと言われていますが、多くはきれいに剪定されて、公園や道路の側に飾られていますが、平戸の武家屋敷の庭にはあるがままの姿をした江戸時代からの平戸つつじをみることができます。300種を越すといわれる多彩なつつじが皆様をお迎えしてくれてくれることでしょう。

 

 大曲敦・淳子家のポストカ−ドですが、大曲家は建物は大正13年、平戸の武家住宅の系譜を引いた書院造りの近代住宅で、国の登録有形文化財です。

 庭園は江戸時代中・後期に造られたとものと聞いています。江戸時代から現代にいたるま

 
 

 

 で大曲家で維持されてきた庭園ですので、庭と書院造りの住宅のコントラストは見事です。

庭園は住宅の大広間から眺めてきれいに見えるように造られていると聞いています。林の斜面を利用した庭園と言えます。

 

 私が訪問したときはきれいな石も見事でした。

 

 左の地図は奥様手作りの平戸の地図で、公開される家がピンク色になっています。一番上が田助の永山家、右側に田平の鮎川家がありますが、武家屋敷の多くは南側に6軒、すこし離れて国指定名勝 梅ケ谷津偕楽園があります。

   梅ヶ谷偕楽園は平戸藩主の別宅であり、また果樹などの改良もされた場所と私が訪ねたとき説明がありました。
 

 

 地図の裏側になりますが、日本庭園を公開する取組をしている全国各地の場所を紹介しています。青森県平川市  新潟県村上市  長野県松代  滋賀県長浜 山口県萩市  滋賀県坂本 長崎県古賀鹿児島県知覧町 などが紹介されています。                             奥様が調べたもので庭保存にかける、奥様の熱意が感じられるところです。                                  

 

 長野県松代の「松代の武家屋敷のお庭拝見」には私も参加したことがあります。松代は神田川から水を引いて泉水路を造りそれぞれの庭園に次から次へと水を流し、泉水路でつながる庭園群というのが松代の武家屋敷の特徴です。なかなか見応えのある庭園群です。

 

  松代の泉水路でつながる庭園群

 

 

 

 

hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 09:56 | - | - | - | - |

椿展 2017  武家屋敷 国登録文化財  大曲 敦・淳子

 今回で10回目になる大曲家の椿展は、平戸つばきフェアで同時に2月25日(土)、26日(日)におこなわれます。

 

 昨年までの椿展とは趣向が違うとどこかで読んだことがありますが、どんな椿展になるんでしょうか。

 

  

 平戸の椿は100種類以上の花があって、それぞれ名前がつけられているそうです。

       週刊 平戸の椿は よい椿

 週刊 平戸の椿は よい椿 のブログは、平戸の椿の一部とおもわれますが、とても良い椿の紹介ですのでご覧ください。こんなにも名前がつけられているとは知りませんでした。
 

 

 

 昨年の椿展での平戸の地図ですが、この地図もよくできていますので、再度掲載しました。

 登録文化財大曲家 

                       25日(土)「椿とおひな様」午前10時〜午後4時

           26日「椿と器とおひな様」   午前10時〜午後4時

              器は松口さん・宇津美窯

 未来創造館「第42回椿まつり」午前9時〜午後4時(26日は午後3時終了)

 ぎゃらりい上町(旧吉田産婦人科)「椿の花を、刺し子とともに」午前11時〜午後5時

 森酒造場「酒蔵で椿と遊ぶ」 シビュ−ランチ「ミニ椿展」

                    プティ・タ・プティ「椿遊び」

                    その他 田平でもつばきフェアが行われるようです。良い天気に恵まれますように。

 

 

 

 

 

hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 18:47 | - | - | - | - |

平戸ツツジが咲く頃 武家屋敷と旧家のお庭公開

 平戸では今年も武家屋敷と旧家のお庭公開があります。

 大曲敦家のDMですが、その他 梅ヶ谷津偕楽園(国指定名勝)、志々岐家、永山家、川谷家、鮎川家、内野家、大曲公家、それに最近国の登録文化財になった田助町の旧角屋がくわわります。

 平戸ツツジは、平戸の武家屋敷で自然交雑などでできた大型ツヅジで、いまでは各地に広がった大型ツヅジの総称といわれている。東京でもよく見かけます。今日は目黒と五反田の間にある役所に行ってきましたが、紫のツヅジがよく咲いていました。

 東京の公園や、街路樹のツツヂは剪定されてまとまっていますが、平戸の武家屋敷には、江戸時代から、そのまま伸ばしたままの、ありのままの姿のツヅジをみることができます。又種類も300種類以上で、その家だけにしかないツヅジもあります。今年のお庭公開は4月23日(土)、24日(日)でちょうどツツジの見ごろになりそうです。 

 平戸の武家屋敷の庭は、大広間からみた借景を利用した姿が良いとされています。

 
 明日19日は平戸文化センタ−で松口ようこさんの、このたびのクラウンレコ−ドからの全国CDデビュ−[ことのはの たゆたひ」を記念したコンサ−トが開かれます。
生月の姉に声かけしたら、「文化協会の車に乗れたらいくよ」といってました。この曲は作詞 門谷憲二、作曲松口ようこ、編曲
川村栄二。くしくも今日の夕刊フジ 発掘! 流行り歌 徒然草(獅子丸好) では「布施明「君は薔薇より美しい」について書かれている。この曲の作詞家が門谷憲二。 
 


 
hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 20:15 | - | - | - | - |

椿展  平戸の武家屋敷  大曲敦家


 毎年2月に平戸で行われている「椿展」が、今年も2月27日(土)、2月28日(日)に行われます。

平戸には100種類以上の椿があると言われています。平戸椿・山茶花振興会の皆様が、新しい椿を見つけ出すと、それにふさわしい椿の名前をつけ、現在もさらに新種の椿が増えています。    

武家屋敷 大曲家では、このような沢山の平戸の椿を使って、美しい展示を工夫されているようです。




 大曲家では、唐津焼の陶芸家 南森正仁氏の作陶展が同時開催されます。

 平戸椿・山茶花振興会の皆様の丹精を込めた椿の盆栽などが、未来創造館で開催されます。

 森酒造場では「酒造と椿と遊ぶ」

 シ−ビュ−ランチでは「ミニ椿展」

 プティ・タ・プティでは「椿遊び」 が行われます。
 


 今回で9回目になる大曲家の椿展ですが、そのたびに奥様が平戸の地図を手作りで作って、
それぞれの会場がわかるようにしています。

 毎回その地図も進化されているようで、おなじ地図がありません。

 シ−ビュ−ランチは左下、千里が浜、ホテル蘭風の近くにあります。

 千里が浜には、鄭成功が生まれたとされる誕生の岩や、鄭成功の像がたっています。
hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 16:42 | - | - | - | - |

平戸つつじが咲く頃 武家屋敷と旧家のお庭公開

 
 今年も武家屋敷と旧家のお庭が公開されます。

 田助けの国の登録有形文化財「永山家」が今年から参加されているので9軒から10軒に増えているようです。

 左は大曲敦家のDM葉書。

 公開する期間は4月18日(土)、19日(土)。午前10:00〜16:00。 大曲家は5月3日も公開します。

 家の広間から、借景を利用した庭を観るように造られていると聞いています。

 平戸つづじは、平戸の武家屋敷で自然交雑などでできた大型つづじで、いまでは各地に広がった園芸用の大型つづじの総称といわれている。

 私が世田谷通りでみかけるのは三種類ほどしかありませんが、平戸では300種類ほどのつづじがあるそうで。その家にしかない平戸つつじもあります。

 公園や街路の平戸つづじは剪定されていて小さくまとまっていますが、武家屋敷には200年、そのままつづじの木を伸ばしたままのもあり、みごたえがあります。江戸時代から人の手で愛情ぶかく手入れされている庭は、その人達の心が庭に広がり趣があります。
 
        
 

 大曲家の奥様が手書きでおつくりになった、庭を公開される武家屋敷、旧家を中心においた平戸の地図。

 実物はB4でとても見やすく、親近感あふれる、愛情あふれる地図です。

 ブログの画像に詳しくない私ですが、クリックして大きくしてくだい、なんとかよめるようです。

 田平の鮎川家と、田助の永山家が右側と上の方に離れていますが、庭を公開する多くの武家屋敷は、南に広がっています。

 平戸武家屋敷豆知識によれば、平戸の武家屋敷は、標高40〜60メ−トルくらいの高さの所に点在しているとのこと。

 平戸は、かって貿易で栄えた町でしたので、港近くに商家が集中、それを取り囲むように武家地が構成されました。18世紀後半には、約400の武家屋敷がありました。
クリックすると大きくなります。


  驚くのは、全国各地の日本庭園を公開する取組を紹介しているこの案内です。

  北は青森県平川市(旧尾上地区)の「農家庭園・蔵巡り」から、南は鹿児島県知覧町「知覧武家屋敷庭園」まで。

 庭の保存活動にかかわっている大曲御夫妻の熱意が強く感じられます。

 2015年 早春号 NO73  MY  GARDEN に奥様が書いているのを引用しますと「日本庭園というと、広大かつ華麗な大名庭園あるいは寺院の禅を感じさせる庭園が連想されますが、武家屋敷、町屋、農家にも日本庭園は造られました。時代の変遷、天災、過疎化、手入れの大変さなどで廃園に追い込まれた庭園が数多くある一方、何世代にもわたって維持され、今に伝わっている庭園も全国に沢山あります。」と、一部だけですが紹介します。

 平戸の武家屋敷の庭園も、高齢化、後継者不足などからその維持が困難になりつつあります。皆さんの理解が深まることを望みます。





hirad3519 | 武家屋敷 大曲家 | 11:52 | - | - | - | - |
1/2PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH