平戸に関するテレビ番組と志々伎出身者の歌のリンクについて

    9月15日の「ガイアの夜明け」で平戸の城泊について放送があったようですが、番組があることに気が付きませんでした。知ってたらみたはずですが残念です。

 

 9月15日は平戸がでる「田舎での1000万円プレイヤ−」と三浦春馬の「おカネの切れ目が恋のはじまり」をみた。

 特に三浦春馬がでる番組については妻のテンションがたかく、「太陽の子」「世界は欲しいものにあふれている」など。「おカネの切れ目が恋のはじまり」は8月の終わりごろから9月15日とチェックしていた。三浦春馬は映画 舞台 テレビと活躍していてはたからみれば順風満帆。なぜ自殺しなければいけないのか理解に苦しむ。

 

 妻も活躍しているときはさほど特別な関心を三浦春馬にもっていたわけではないけど、亡くなってからは注目度が高く、そんなものかと私は首をかしげている。「おカネの切れ目が恋のはじまり」の相手役は松岡茉優で、「限界集落株式会社」「水族館ガ−ル」でのコミカルな役が好きで、私も妻に合わせるに異論はなく、みることに。

 

 「田舎での1000万円プレイヤ−」は先々週の予告で長崎といいながらも、何回も映し出される棚田が春日の棚田にそっくりなのでひょっとしたら平戸では思っていたら、あたりでしたね。紐差のアスパラガスの生産農家が1000万円プレイヤ−で、大きいス−パ−と取引するにはある程度の供給能力が必要で仲間になる農家、特に外から若い人が加わってくれれば、人口が増え一石二鳥だというような内容でした。

 番組の当初平戸の地図が赤で表示され、田平駅、平戸大橋、春日の「かたりな」での世界遺産の説明など、平戸の宣伝にもよくなっていた番組です。

 

 

 東京平戸・北松会で知り合いになった、志々伎出身の松瀬隆幸さん。南部中学では大石一久君と同年だったという。大学をでて神奈川県警に入り、警察官として定年まで勤めあげ、現在は第二の人生で仕事をしていますが、趣味がカラオケ。その趣味が昂じてCDを出すことになりました。ユ−チュ−ブでも松瀬隆幸で検索すれば、本人が作詞した「横浜縄のれん」と平戸の応援歌「平戸ふるさと」が出てきます。「横浜縄のれん」は若いころ勤務した横浜の昭和のイメ−ジで作詞したそうです。二曲を紹介します。

 

横浜縄のれん     

平戸ふるさと

hirad3519 | 平戸島南部 | 13:09 | - | - | - | - |

猪渡谷からみた礫岩と飯良のため池

 猪渡谷から眺めた礫岩。

 

 安山岩質凝灰角礫岩の石塁状地形をしている礫岩。貴重な植物種が多く「平戸礫岩の岩石地植物群落」として国の天然記念物になっている。

礫岩の海岸に衣が浦があるのですが隠れてみえません。

平戸検定のテキストにも、「早福や猪渡谷から眺めた礫岩は美しいものです」と描写されている
 

 

 

 飯良から猪渡谷にむかう途中にあったため池。

 

 平戸にはため池が沢山あります。棚田に使用される水を貯えている。

左上に珍しい加工物があって私には面白いので写真を撮ったもの。

なにかなとよくよく考えてみたら、道路わきにある土手だとおもいます。確認したわけでは

ないけど、堤の風力発電から国道にぬけるまだ新しい「堤新道」です。この角度からは道路とわかりませんが、堤新道沿いにある土手だと思われる。
 


 

hirad3519 | 平戸島南部 | 20:15 | - | - | - | - |

猪渡谷絶景   

  ラグビーW杯は 昨日は日本がアイルランドに勝ち盛り上がっている。1トライで同点という緊迫した試合。最初こそ12点いれられて危なかったけど最後はテレビみてても負ける気がしない展開でした。

 

 春日の「かたりな」から飯良を通って猪渡谷から津吉へは、数年前も車でいきました。

そのときは道を間違い、南へ南へ行ったら堤の風力発電所へ行ってしまった。今回は飯良で、紐差 猪渡谷 堤 の三方向への案内版があり、猪渡谷 の方を選んだらすんなり行くことができました。

 

 船着き場がある海岸へ、中学時代以来の訪問です。人懐っこい柴犬と一緒に私より若くみえる男性がいたのでしばらく話をすることに。都会にでていたがUタ−ンで今ログハウスの管理人をしているという。この近くにログハウスがあるとは初耳です。

その人の話では、平戸島で一番いい景色というのが写真の風景です。

 

 天気がわるいのと、私の腕が悪く、こんな写真になってしまいました。天気がよければ青い空、青い海、緑の岬となりいい風景なのですが。ログハウスは確認しなかったけど、利用する人にはリピ−タ―もいて、夏はここですごすという人もいるようです。

近くに「中津良絶景ポイント」の看板があり、中津良の人が遠くまで見えるように木を切ったりして整備している。同じ場所を猪渡谷絶景とタイトルにしているものです。

 

 猪渡谷は懐かしい場所で、森次吉君という中学時代の仲の良い友人がいて、一人が伝馬船を漕ぎ、10人ぐらいの子供で向こうにある竹の小島まで泳いでいったりして遊んだ。森次吉君はどうしているだろうか。

 

 

 


 

hirad3519 | 平戸島南部 | 15:42 | - | - | - | - |

ハマボウ

 

 夏の懐かしい花の一つにハマボウがあります。7月が満開になるので咲いているかどうかわかりませんでしたが、古田湾にいってみました。

 

 やはり予想どおり盛りは終わっていた。

 

 一個だけ咲いていました。

 

 

 朝早めに行ったのでまだ咲き始めの一輪を手で開いて撮ったものです。

 

 地元ではハマボウの咲く木をジャンガラの木と呼んでいるようです。

 

 皇室の方は、御印としてそれぞれ花や木を採用していますが、佳子様は沖縄に咲くオオハマボウを御印としています。ちなみに眞子様はモッコウバラ。

hirad3519 | 平戸島南部 | 13:01 | - | - | - | - |

平戸に600ミリ以上の豪雨

 平戸に猛烈な雨が降っているという最初のニュースをみて、津吉の実家にも電話をいれました。

 

 今も行けるようになっているか知りませんが、小さな小高い山の上に稲荷神社の祠があってそこらあたりが豪雨で崩れていないか、満潮時の古田川は大丈夫か聞いてみたら、弟が南部は大したことはないという返事。

 

 古田川

 

 それでも600ミリを超えると心配になって再度電話をいれたら、同じ返事で大したことはないとのこと。

 

 次に生月の姉に電話をいれたらこちらは逆で、深夜何時間にもわたって雷を伴う豪雨で恐ろしかったという。どこかで災害が起こっているのではないかと心配していたという。津吉は古田川の国道のほう(実家がある側)は高くなっているのでなんともなかったが、逆のほうは国道側より低くなっていて道路が冠水。あとどれぐらい雨が降るかわからいので、近くの人は家に浸水するかもしれないと不安でいっぱいだったという。

 

 結果としては道路までの冠水でことなきをえている。遠くの姉のほうが地元の弟より詳しいというこの情報格差。格差というよりお酒を飲んでぐっすり寝込んでいたのでは。

 

 被害は佐賀のほうがひどかったけど、ニュースで表示される雨量の総計は平戸が一番多く、これからも雨が降る予想なので被害がないことを願っています。

 

 


 

hirad3519 | 平戸島南部 | 20:15 | - | - | - | - |

またまたテレビ朝日“ポツント一軒屋”に平戸が!

  日曜日の午後8時からの番組、“ポツント一軒屋”をみていたら、またまた平戸がでてきました。今回は志々伎から東南に線を引いた佐世保がわの海岸の高台。海が見える絶景の場所。私はよくわかりませんが立石という地域にあたるようです。

 

 主人公はその高台で子牛の生産をやっている66歳になる大久保さん。

親の時代は田や畑の栽培をやっていたそうです。その時も親は田んぼを耕す牛を飼育していたので、大久保さんは子供のころから牛が好きで、自分の時代になると田畑を牧場にし、牛舎を立て牛の飼育に挑戦します。

 

 最初は牛の気持ちもわからず、牛の飼育もうまくいかなかったけど、最近は牛の気持ちもわかるようになり牛の品評会の全国大会で賞をもらうような腕前になってきた。

海に近い牧場ということに何か意味があるのかという質問に、海から飛んできた海水には多くのミネラルが含まれていて、そのミネラルを含んだ牧草を食べることによって肉質のよい牛になるという。

 

 牛舎から解き放された牛は思い切り牧場を走り回り、牧草を食べる。ストレスを感じない。

大久保さんも牛の飼育がすきで365日、牛の飼育に没頭してもストレスを感じないという。そこで大久保さんいわく、人間も牛もストレスのないのが一番。

 

 前回との違いは平戸の歴史などの紹介がなかったこと、2回目ですし教会がでないので当然ですね。前回は紐差教会もでました。 

hirad3519 | 平戸島南部 | 19:49 | - | - | - | - |

佐世保石岳展望台からみた九十九島と平戸島

 石岳展望台から見た久十九島。中央向こう側かすかに見える恐竜に似た島が高島、誰がなずけたかアンギラス島。そして一番外側にかすかに見えるのが平戸島。平戸島南部志々山らしき姿がみえます。

 

 これは時間つぶしに鹿子前にある「海きらら 九十九島水族館」にいく途中石岳展望台から撮ったものとおもわれます。

 

 結局時間が遅く「海きらら」にははいれませんでした。そこでどうするか、娘夫婦からは私の好きなところにといわれたので、懐かしい相浦をみて、弓張岳へ登って夕暮れを過ごしました。昨年帰省時の佐世保でのひと時です。

 

 数年まえのブログで、奥さんのお母さんが平戸市出身の友人がいて、平戸に行った感想で記念碑が多い街だったということを少し書いたことがありますが、その夫婦と最近はなす機会があって、よくよく聞いてみるとお母さんの出身は平戸ではなく佐世保だという。

佐世保のどこか尋ねると相浦という。昔の平戸南部の人にとってそして私にとっても相浦は前津吉からの連絡船の着く場所ですから懐かしいところです。

 

 友人の話をきいてみると、遠くから佐世保までくると、歴史など平戸を知っている人は平戸までは行ってみようとなるようです。
 

hirad3519 | 平戸島南部 | 10:01 | - | - | - | - |

なにこれ珍百景 25日(日曜) テレビ5チャンネル 18:30  ダチョウの飼育 平戸船越

 平戸瀬戸市場でダチョウの卵が売られているのを何回かみたことがあります。非常にめずらしいので、ブログに2回ほど掲載したことがあります。

 

 その飼育している状況が意外なところでわかることになりました。たまたま25日の日曜日テレビ朝日の珍百景をみていたら、平戸がでてきてビックリそれも2件ありました。

 

 本山ご夫婦が、子供さんが漁師を継がないのでそれでは雇用につながるように町おこしで

ダチョウの卵(平戸瀬戸市場)    ダチョウの飼育をはじめたそうです。それが調査や計画をたててやることなく、なにもわから             

                  ないまま本山さんの思いつきで初めたため、10年経過したけど採算があわず、ダチョウの

                  飼育は失敗だったという番組で、それをおもしろおかしく編集したものです。

 

                   でも本山さんはめげることなく今後も飼育はつづけていくとのこと。

                  飼育に必要な飼料は、毎日軽トラック1台分ほど、近くの農家をまわってもらってくるのだそ

                  うです。農家の人もそれがわかっていてバケツなどに作物などをいれて家の前においている。

           

                   おもいつきとはいえ即座に行動に移す本山さんの心意気と、10年継続するその気持ちは珍

                  百景というより感動ものです。

                                   

 

hirad3519 | 平戸島南部 | 18:49 | - | - | - | - |

前津吉から舟木 大川原 木ヶ津 平戸東岸を走る

 平戸で一度も行ったことがない地域に、前津吉から木ケ津にいたる東海岸があります。

一度行きたいと思っていたのですが今回の帰省でそれがかないました。

 

 前津吉からしばらく離れた舟木までは南部中学校の学区内で、ここから通学していた人がいました。その舟木をすこしとおり過ぎたところにおもしろい岩がありましたので、写真を撮ってみました。よくみると丸い穴ができています。
 

 

 アップして撮ったらこんな岩です。平戸西岸と違って穏やかな東海岸にはめずらしい風景です。名前もあると思うけど。

 

   右側海岸の側に鳥居とみえないこともない形があります。

 

 道路は広くないけど整備されていて順調に車は走ります。
 

 

 佐世保方面の風景です。中央、横にながい島は枯木島。相浦や、佐世保から連絡船で前津吉に帰省していたときは、枯木島をとおるころはもう少しだと目安になる島でしたが、今の高速艇コバルト21は感傷にひたる暇もなく突っ走しっていきます。

 

 左奥の島が高島。島の右端がくびれて特徴のある島になっています。あるブログでアンギラス島(高島)とあるので、アンギラスの響きがいいので、しらべたら怪獣とあります。

ブロガ−が怪獣にたとえて島の名前にしたものと思います。

佐世保の石岳展望台から九十九島の写真をとるとこの特徴あるアンギラス島(高島)がよくわかります。

 

 この地域はなにもないところと言えば、なにもないところですが、堤 礫岩など荒々しい西海岸に比べれば、とても穏やかで、明るい海が広がり、セカンドハウスを造ってゆっくりするにはいい場所です。前津吉からコバルト21をつかえば佐世保まで45分の近さ。

hirad3519 | 平戸島南部 | 09:51 | - | - | - | - |

古田湾の海とハマボウ

 東日本大震災があった夏帰省したとき撮った古田湾の海です。津吉から神船へいく途中。

やり手であった私の曽祖父は神船から婿養子にきたと聞いています。祖母も違う家ですが神船から嫁いできています。そういう理由で神船は津吉とおなじように懐かしい土地です。

 

 帰省すると神船に必ずいきますが、これはそのときの夏の海です。入道雲がすごいですね。

中学の夏はこの右側の神船の海岸を、「さざえ」や「あわび」をさがしてよく泳いで遊んでいました。
 

 

 

 これは「ハマボウ」です。中学時代の夏休みを象徴する花です。これも上の写真を撮った近くの場所にあったもの。

 

 この近くにはシンデンという昔からかわらない土地があり、ハゼ釣りに良く来たものです。

浅いところで、ハゼがいるのが見えるところで釣るのですから簡単なものです。

ハゼ釣りも遊びで、食べた記憶はあまりありません。

 

 東日本大震災から7年早いものです。


 

hirad3519 | 平戸島南部 | 18:44 | - | - | - | - |
1/6PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH