平戸から悲報 松口ようこさん

 先週日曜日松口ようこさんが肺癌で死亡という訃報がもたらされました。昨年7月高円寺のスタジオKでコンサ−トを聴いたばかり、10月には平戸文化センタ−でコンサ−トをやっているので「どうしてと」いうのが先にはいりショックでした。

 

 平成13年頃松口ようこさんのHPをみて、CDを注文したら、お礼のメ−ルがきました。初対面とは思えないような親しみのある文面が印象的だったのを覚えている。

 長崎や福岡などでコンサ−トを行っていたが、そのころから東京にも進出、私も高円寺のスタジオに何回か行ってます。音楽もさることながら平戸在住にして東京や前橋など広くコンサ−トを行うその行動力に、驚嘆していた。

 

 やがて長谷川博己 二階堂ふみ主演の映画「この国の空」のスキャットを、門口憲二氏が作詞した「ことのはの たゆたひ」はクラウン徳間ミュ−ジックから全国で発売、歌曲「被爆のマリア」ではNHKのラジオ歌謡祭に出演するように。今年は「被爆のマリア」がアメリカで歌う予定も入っていた。活動がさらに広がりをもたらしそうなときだっただけに

とても残念です。

 

 平戸ではもう数本になっていた「平戸二度咲さくら」を広めようと「平戸二度咲さくらの会」を結成し会長として尽力するなどその行動力はすばらしい。私は松口さんの曲では「平戸さくら」と「千年の魅惑」が好きです。ご冥福をお祈りします。

hirad3519 | 松口ようこ | 20:34 | - | - | - | - |

松口ようこ  ピアノ弾き語り  7月14日(土)  高円寺スタジオK

 平戸在住ながら2015年映画「この国の空」の挿入歌をうたい、門谷憲二プロデュ−スのCD「ことのはのたゆたひ」、CD「被爆のマリア」を全国展開。NHKの歌番組にも出演されています。

 

 その松口ようこさんが7月14日(土)高円寺のスタジオKでコンサ−トを行います。

開場は14:30 開演は15:00 前売り¥3000 当日¥3500

 

 スタジオKのミスで開場17:30 開演18:00に変更になりました。

入場料も無料に変更になったという連絡がきています。7月7日 11:00

 

 このチラシは猶興館高校東京同窓会に参加した妻が持っていたものです。いつもは同窓会に参加しない妻がどういう心がわりか参加して、よかったよかったと喜んでいました。松口さんが妻が座っていたテ−ブルの近くにきたので、挨拶して写真まで撮ってきている。

 

 松口さんが作曲し歌っている、名曲「平戸二度咲きさくら」の作詞をされた種ヶ嶋先生と同年で、種ヶ嶋先生を含む同年で二次会に行きいろいろな話ができたと喜んでいた。

 

 7月14日のコンサ−トにもなんとなく行きそうな感じがしています。平戸が恋しくなってきたようです。

 

 松口さんは「平戸二度咲きさくら」の保存・普及にも尽力されているので、すこしずつ増えていきそのうち沢山の平戸二度咲きさくらをみることができるでしょう。そういえば最近はじまった朝日新聞の連載小説の題は「ひこばえ」です。
 

hirad3519 | 松口ようこ | 19:02 | - | - | - | - |

松口ようこさんNHKのラジオ番組に二度目の出演 8月6日

 8月6日は広島に原爆が投下された日。私は前日の夕方平戸に到着し、ビジネススカイシ−ホテルに一泊。このホテルは朝食がいいと評判なのでここを選びました。朝食のおかずは種類が沢山あって、そのなかから選択するようになっています。健康食を中心に選んだと記憶しています。部屋で休んでいるとき NHKFM放送「タミウタ」AM11:00〜AM11:50に松口ようこさんが出演するという連絡がきました。7月12日の「きらめき歌謡ライブ」につづいて二度目の出演です。

 

 この時間は外にいる時間だからラジオ聴けるかどうかわかりませんでしたが、マメルクコ−ヒ−をでたのが11:00すぎ、話をしてNHK放送に車のラジオを合わせてもらいました。そしたらどうでしょう、合わせたとたん松口さんの歌声が流れていました。

8月6日にふさわしい「被爆のマリア」です。幸運でした。松口さんが「すこし重たい歌ですが」とコメントしていたように覚えています。松口さんビックになりました。いつもエネルギッシュな松口さんに感動です。

hirad3519 | 松口ようこ | 20:02 | - | - | - | - |

歌曲「被爆のマリア」 記念コンサ−ト 活水高等学校チャペル(高校礼拝堂)7月22日

 歌曲「被爆のマリア」は、長崎県出身の作詞家・門谷憲二氏と同じく長崎県出身のソプラノ歌手・松口ようこ氏の音楽家二人が織りなす素晴らしい作品です。門谷氏が「被爆のマリア」を通し感じた、強く・厳しく・優しさに溢れた想いが文字となり、そこにあたたかく透明感溢れた、松口氏の歌声で届けられる作品。決して繰り返してならない風化させてならない歴史を、音楽を通し世界中の未来ある人たちに愛と光を届けたい角谷氏の強い想いに賛同し企画いたしました。

歌曲「被爆のマリア」制作委員会の制作にかける言葉から

 

 作詞門谷憲二氏 作曲・歌松口ようこ氏の他、活水高校合唱部 県内の演奏家の弦楽合奏とともにレコ−ディングしたCD「被爆のマリア」が7月12日に発売、その記念コンサ−トがスペシャルゲスト歌手の長崎市出身上奥まいこ 音楽家伊藤心太郎を招いて、7月22日(土)、開場13:00 開演14:00 活水高等学校チャペルで行われます。

 

どんな曲か楽しみです。その他7月12日、明日になりますがNHKラジオ(505スタジオ)生公開出演だそうです。時間はPM8:05〜9:30  松口さんは9:05から二曲歌われるそうです。

CDはよく聴いていますが、ラジオはほとんどつけたことがないのでその時間は聴いてみます。明日のちょうど今頃の時間です。

 

 

 

 

 
 

hirad3519 | 松口ようこ | 20:30 | - | - | - | - |

松口ようこ ヤジウマ応援団情報  12号

   松口ようこ後援会東京事務所の土肥さんから、ヤジウマ応援団情報が届きました。

 

 松口さんの活躍ぶりが書かれています。今回は長崎に後援会が発足したこと、作詞家 門谷憲二さんのライブツア−回想が主です。

 

 門谷さんの回想では、次の文章が心に響きました。「私の息抜きト−クを挟んで一時間半ほどのステ−ジを展開するうち、私はあることに気づいて驚きを覚えました。聴き終えたお客様の多くが、眼に涙を浮かべて、心から感動の言葉をくださるのです。私は今まで多くの歌手をプロデュ−スしてきましたが、こんなに皆さんから感動的な反応をいただいた経験は初めてでした。松口ようこの歌は聴き手を別世界へ誘っていく力を秘めている、そのことを全都市のお客様が証明してくださったのです。」

 

 門谷さん、松口さんともアクシデントにあわれたようで、もう大丈夫でしょうか。

 

 私の受託先であるテレビ番組制作会社の社長さんに、「千年の魅惑」と「ことのはの たゆたひ」二枚のCDを渡しています。

まえに一度CDを聴いてもらったら、「詩がもうすこし」と言った社長さんですが、機会があったら感想を聞きたいと思っています。
 

hirad3519 | 松口ようこ | 17:59 | - | - | - | - |

松口ようこ ピアノ弾き語り  7月9日(土) LIVE in StudioK

 

 松口ようこさんは、昨年は映画「この国の空」挿入歌をうたわれました。それと同時に挿入歌も含まれているCD「千年の魅惑」を発売。

 

 今回は門谷憲二さん作詞による「ことのはの たゆたひ」をクラウン徳間ミュ−ジックから全国で発売、全国各地でのライブと、その活躍はめざましい。

 

 7月9日(土)、高円寺のStudioKでCD「ことのはの たゆたひ」発売記念ライブ がおこなわれます。

 

 開場17:00  開演18:00

 前売り ¥3000

 当日  ¥3500

 スタジオk  東京都杉並区高円寺南4-39-17

 

  私は仕事しているときはCDを聞きながらやっています。松口さんのCDもよく聴いています。

 

 九州は地震のほか豪雨まで重なって大変ですね。1回だけでなく何度もですからおもいやられます。

 最初の豪雨のときは、テレビのニュ−スで文字だけでしたが平戸が表示されて驚きました。

 

hirad3519 | 松口ようこ | 20:00 | - | - | - | - |

松口ようこさんの「ことのはの たゆたひ」を聴いています

 TUTAYAに頼んでいた、松口ようこさんのCDが届きました。

1.「春告鳥が啼いたら」できれいな声で ホ−ホケキョ− ホーホケキョ−をさえずられ度肝をぬかれました。とても印象的な1曲目。

 2.「道ゆく人」では人生を振り返り 3.「帰郷」は久しぶりに平戸に帰郷した人の気持ちを 4.「盆の海」は亡くした親や恋人とのつながりを詩っている。5.「アベマリア」は美しいソプラノの声が心に強く響いてきます。

 美しい歌声と言葉、そして極みのサウンド。永久に心に残る、至極のプレミアムアルバム完成! 収録曲5曲  門谷憲二プロデュ−スプレミアム 「ことのはの たゆたひ」。

 熊本ではまだ地震がつづいているようで、こんな地震はみたことがありません。以前の生活に早くもどれることを祈っています。
平戸も震度、3とか4。諫早は5弱とすごいですね。すぐ電話をしたら、いままで生きていて初めての強い地震で驚いていました。
でも平戸は活断層がないぶん安全です。
 
hirad3519 | 松口ようこ | 19:41 | - | - | - | - |

門谷憲二 〜帰郷〜 & 松口ようこ  ミニコンサ−ト


 平戸出身の作詞家 門谷憲二氏と松口ようこさんのミニライブが、昨年8月開館した平戸未来創造館で1月20日行われます。

 門谷憲二氏は2000曲以上を作詞された、1970年代を代表する作詞家と紹介されています。その門谷氏が松口さんの作詞をされるため平戸に帰郷され、今回のミニライブが実現されたようです。

 松口さんにとっても、門谷氏とのコンビで、キングレコ−ドより全国展開が可能になる良い年になりそうです。

 平戸で活躍される女性は年齢を感じさせません。前へ前へ
と進んでいきます。

 どんな曲がうまれるのか楽しみです。東京から応援しています。

 ちなみに平戸未来創造館のミニライブ、入場無料だそうです。
 
hirad3519 | 松口ようこ | 15:41 | - | - | - | - |

松口ようこ さん 平戸南部多目的センタ−でピアノ弾き語り


 松口ようこさんが、私のふる里、津吉でコンサ−トをおこないます。

 最近は8月公開の映画「この国の空」の挿入歌を歌いました。7枚目のCDアルバム「千年の魅惑」も好評発売中。

 この「千年の魅惑」には映画「この国の空」の挿入歌も含まれています。私も事務所で仕事中よく聞いています。音痴の私は歌とはこんなものかと再認識。他の歌手の歌の聴き方の関心が違ってきました。

 数年まえ帰省したとき、シンデンの入口あたりから、バス通りの道路ではなく、小さい道があって、その道を行くと登り坂を上りきったところで再びバス通りに出合う、近道があります。

 近道を歩いていたら、数名の小学生が小川の掃除をやっています。聞くと「遊びもかねて」といいながら、標準語で答えてくれます。もしかしたら帰省中?と聞いたら、「いえ地元です」という。テレビをよくみているのか、標準語と方言を見事に使いこなしている。賢そうな子供たちでした。

 もうすこし坂道を歩いていくと、三軒の比較的新しい家があって、その一軒から音楽が流れてきます。よく聴いていると、ピアノを弾いている音。練習しているのでしょうか。こんな場所でピアノの音が聞えるのはいいものです。

    コンサ−トのご案内

  日時    2015.11.1(日)
  場所    平戸南部多目的センタ−
                     平戸市辻町199   TEL  0950-27-0047
  チケット  1000円(学生無料)
  開場    18:00
  開演    18:30
  問合せ   音楽を聴く会 TEL  0950-22-4069(山下)




 
hirad3519 | 松口ようこ | 11:42 | - | - | - | - |

CD 千年の魅惑   松口ようこ    作詞・作曲 下田逸郎


 18日(土)は高円寺での松口ようこさんのコンサ−トに。

 映画「この国の空」の予告篇をスクリ−ンに映し出したり、映画で流れるスキャットをアカペラで歌うなどいままでにないコンサ−トになりました。

 私の前に居た松口さんのコンサ−トをはじめて聴くという二人の女性がとても感激していたのが後ろにいてよく伝わってきます。最後のアヴェマリア、アメ−ジンググレイスが終る頃は二人ともすごく感動していました。

 平戸の風景と平戸二度咲き桜についてもスクリ−ンに映し出して平戸の宣伝も怠りません。


 新しく発売されたCD「千年の魅惑」。

 とても不思議な音楽です。音楽に詳しくないのでなんともいえませんが、私なりにいえばシュ−ルな音楽です。

 抑えぎみの松口さんの声が新しい魅力を引き出しています。8曲はいっていますが、それぞれ違う歌というより、8曲で一つの歌を構成しているように感じました。とても気持ちのよい音楽で仕事しながらCDを聴くにはぴったりです。
 
hirad3519 | 松口ようこ | 19:22 | - | - | - | - |
1/2PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH