松浦鉄道 SとN から

  平成34年(2022)年の九州新幹線西九州ル−トの開業(リレ−方式)に向け、地域の魅力をさらに磨き上げていこうと、佐賀・長崎両県が協力し合い新しい情報誌づくりを始めました。それが「SとN」という雑誌で、今回は佐賀県有田と長崎県佐世保を始発とする松浦鉄道を軸に広い視点で街と人々の暮らしを特集しています。

 

 一度松浦鉄道に乗って佐世保から有田までのんびりと旅をしたいものです。

平戸には鉄道がありません。小学校5年生のとき田平で、松浦鉄道の線路を電車が走り去って行く一番最後尾をみたのが、私が電車をみた初めてのことです。鮮烈に覚えています・

 

 妻の祖父の弟さんが今福や御厨あたりで学校の先生をしていたようで、妻との話のなかで、今福や御厨そして佐々などがよく出ていました。相浦は帰省するとき、相浦から前津吉へ船でいくときに良くいったところです。潜竜や江迎は、平戸市街地を通って帰省するとき、バスでよく通過していますが、有田 伊万里はほんのすこしかすっただけなので、ゆっくり過ごしたいところです。

 

 懐かしさと未知の世界が私にとっての松浦鉄道。

 

 

「SとN」 発行=佐賀・長崎観光振興推進協議会

お問い合わせ先

佐賀県文化・スポ−ツ交流局観光課(事務局) 

TEL 0952-25-7098

長崎県文化観光国国際部観光振興課

TEL 095-895-2645

 

 
 

hirad3519 | つれづれの日 | 19:33 | - | - | - | - |

最近の近所の様子

 
 台風が愛知県に上陸という情報からいきなり関東に大雨注意報、川崎市に災害警報が発令された。

 愛知県に台風といえば、すぐ伊勢湾台風が思い出されます。名城大学を卒業したばかりの中学の担任の先生が、伊勢湾台風を経験していて、何度か話を聞いたのでよく覚えています。

 昨日は夕方の5時、田園都市線の青葉台で打ち合わせがあり、3時ごろから降り始めた大雨のなか早目に出発した。昨日の電話で今日は台風の影響が強いと一度は言ったけど顧客の意向にはさからえません。

 二子玉川を過ぎるころ下を流れる多摩川をみたら、いつもとは違って濁流が両岸までせまり、すごい勢いで流れている。自然の猛威はすごいものだと改めて実感。

 ところが青葉台駅についたら雨はやみ、青空まででる始末。

 電車の混乱も考えられるので打ち合わせを終わってからは、多摩川だけは早目にこさなければと帰宅をいそいだ。二子玉川にきたら安心して食事をする余裕が。それから自宅に近くなると再び大雨。 今日も不安定な天気のよう。

 栃木県、茨城県の被害が少ないことを祈っています。
hirad3519 | つれづれの日 | 10:24 | - | - | - | - |

最近の出来事

 
 昨日は自宅を出る時間が遅かったため、広島平和記念式典をはじめて同時進行でテレビでみることができました。原爆が投下されたのが8時15分というのを恥ずかしながらあまり意識していなかったけど、昨日の式典が原爆の投下された時間に開始されていた。黙とうしながら、もうすこし早く戦争を終結できなかったのかという思いも浮かぶ。

 私の顧客先の従業員に、佐世保の近く出身の人がいますが、このころになると毎年家族で帰省するそうです。40代の人ですが、1週間の里帰りで毎回、二度ほど平戸に遊びにいくそうです。
ホテルの朝のバイキングが美味しいのと、橋の近くの飲食店の料理が美味しいからと言っています。
わずかな立ち話ですから、ホテルの名前とか、飲食店の名前は聞いていないので詳しいことはわかりません。橋も平戸大橋なのか生月大橋なのかわかりません。生月大橋だったら「母の手」。

 有楽町のビッグカメラに行って、1年間使っていなかったsurface(ipad)を使えるようにしてもらった。かろうじてインタ−ネットを操作できる。

 毎日暑い日が続いていますが、NHKの天気予報のとき、発表している温度は、芝生があって、1.5メ−ルの高さ、直射日光があたらないところで計ったものと言っていた。体感温度は発表している温度よりも5度ほど高いとか。

hirad3519 | つれづれの日 | 20:15 | - | - | - | - |

気になっていた平戸ツア−の案内


 新聞の広告蘭をみていると、ときどき平戸を含むツア−の案内を目にするときがあります。

 壱岐-平戸-九十九島-天草のコースで新聞の1ペ−ジを使って広告を打っている。宿泊するホテルの一つに必ず千里が浜のホテル蘭風が入っていた。

 ところが、平戸の名前がなくなって、長崎の軍艦島に代わっている。軍艦島の名前が載っている広告が数回あったので、平戸はどうなったか気を付けていたら、久しぶりに平戸の名前が載っているツア−があった。大きさは新聞1ペ−ジの4分の1ぐらい。

 よく見ると宿泊する場所は残念ながら平戸ではないようです。
こういったツア−はどのような事情で組まれるのかわかりませんが、いままで掲載されていたのが、掲載されなくなるというのは、平戸に関心があるものにとっては残念です。
 
 
hirad3519 | つれづれの日 | 17:36 | - | - | - | - |

「特急かいじ」で三鷹から新宿まで小旅行

   日にちがたつのは早いものです。前回のブログからあっという間に10日がたってしまいました。
とくに2日まえから今日まで、東は船橋から西は三鷹まで二往復。その間途中下車して6ヶ所の労働基準監督署と4ヵ所のハロ−ワ−クへ。気が張っているのかそれほど疲れを感じないのが不思議。
JR三鷹駅で、新宿行きの電車を待っていたら「特急かいじ」が入ってきたので迷わず乗車。前向き二人掛けでしばしのやすらぎ。

  最近は新聞の連載小説でおもしろいのがなく楽しみが一つ減ってしまいました。私は歴史小説がおもしろいようです。
 2013年の4月1日から2014年10月まで、日経の夕刊に「徳川家康」が連載されました。私の感想では小説としての山があるわけでもなく谷があるわけでなく、毎日淡々と家康の生涯が、その時その時の様子が描かれているけど、夕刊を取りに行くのが毎日の楽しみでした。その楽しみが今はありません。
 一番印象に残る連載小説は「韃靼の馬」、その次が「等伯」です。

  「平戸検定」の結果が届きました。合格でした。私のブログでは、テキストの「平戸の文化と自然」からずいぶん引用して書いたものがあるので、面目は保たれたようです。

 週末の平戸の天気予報はあまりよくないようですが、予報は少しずつづれていく傾向にあるから大丈夫でしょう。  
hirad3519 | つれづれの日 | 19:34 | - | - | - | - |

2年遅れの定年退職のお祝い

 
 先週の日曜日は高尾山の近くに住んでいる人から連絡があった、予定がつかなくてのびのびになっていた、定年退職の祝をしようと高尾山口へ。

 予約がとりづらい「うかい鳥山」がとれたからという。

 インタ−ネットで検索した私の理解によれば、読んだところが違っていて、大きい民家があってそこに客席があると思っていたら、全然ちがっていて、予想外のサプライズでした。



 小さい谷間の集落が「うかい鳥山」を構成しているといった感じです。左のような離れは予約するのに5人以上ということで私たちは違う部屋でしたが、それでも眺めのよい部屋でしばし楽しいひと時をすごした。

定年をむかえた人は以前私が勤務していた職場の人で、「うかい鳥山」を設定してくれた人はその人の同僚ということになります。





 加賀前田家の茶室や、越中五箇山の合掌造りが移築されています。

 左の写真は「越中五箇山の合掌造り」入口。
合掌造りは木に隠れてみえません。

 難しい予約から、日曜日の道路の渋滞状況など下見までしていただいて感謝です。

うかい鳥山
hirad3519 | つれづれの日 | 12:44 | - | - | - | - |

平戸帰省をふりかえって


 今年もあっというまに12月になって急激に寒さもましてきました。
8月に帰省したのが昨日のようです。

 羽田での博多行きの案内は、「台風の影響によっては途中で羽田へ引き返すこともあります」という状況での出発でした。気候が不安定なのは平戸に帰省中もかわらず、平戸に行ったときも、午前中天気がよかったので大丈夫とおもって行ったものの、ついた途端雨が降ってくるというありさまで、見たのは平戸瀬戸市場と新しくできた観光案内所ぐらいなものだった。

 商店街の中央にあった寿司屋さんがなくなって、その場所に私の記憶に間違いがなければ、西端夢浪漫という、魚介料理・海鮮料理のお店が新装開店して2日目のときでした。私が知っている昔からの(伝統的な)寿司屋(鮨)さんは1軒だけになってしまいましたが、私が知らない店がもう一軒あって平戸で二店舗だそうです。 お盆時期は帰省する人も多いので、家庭でみんなで食べるのに寿司の需要は多く、残った鮨屋さんは注文でてんてこ舞。電話したら、30分待ってくれるのであれば来ても大丈夫という。私のあとからやはり久しぶりに帰省したという女性がいて、お店の人に平戸にどんな飲食店があるか尋ねていたけど、仕事の合間に答えるだけで、ちゃんとわかったかどうか。小布施に行ったときは違いましたね、お客がなにか尋ねるとすぐ地図をもってきて、くわしく答えていたけど。

 平戸瀬戸市場二階のレストランの評判。評判と言ってもタクシ−の運転手さんの話。料理はおいしいけど、料理がでてくるまで待たされるよ、覚悟していかないと。という話です。そのレストランは5時までなので、私が行ったときは時間が遅くてコ−ヒ−だけでしたが。平戸瀬戸市場の近くに平戸商店街にできたばかりの店と同じ名前のお店があって、こちらは5時開店だそうです。それぞれ時間を棲み分けしています。

 
 
 
hirad3519 | つれづれの日 | 15:53 | - | - | - | - |

虹の松原 唐津


唐津湾沿いに、虹の弧のように連なる松原。唐津藩初代藩主、寺沢志摩守広高が、防風・防潮林として植林したのが始まりで、全長5km、幅1kmにわたって続く松は、約100万本と言われています。今では、三保の松原、気比の松原とともに日本三大松原の一つに数えられ、国の特別 名勝に指定されています。


唐津観光協会のHPから



 海岸からみた虹の松原。

娘は佐世保の大野に住んでいて、伊万里は車で近く、遊びに行ったり買い物に行くという。前から虹の松原を見たいと思っていたので、帰りは佐世保から伊万里、唐津を通って、博多まで連れて行ってもらうことにした。

 すごい数の松の木と、海岸の風景です。

 



 うなぎ 竹屋

明治創業、木造3階建ての建物は大正12年築で平成10年、登録有形文化財に指定されました。厳選されたうなぎを創業当時からの焼き方で地焼きをし、香ばしく仕上げております。全国発送も承っております。


唐津観光協会のHPから

平戸で娘夫婦に平戸牛を御馳走になったので、お返しにうなぎをとおもったのですが、休みだった。

 今回の帰省で博多空港を選んだのは、90日前に航空券を予約すると安くなるというのがあったから。長崎空港行にはその制度がなかった。博多から平戸に帰る方法もいろいろあったけど、スケジュ−ルがきつくなるので、結局博多から特急で佐世保へと普通のル−トになってしまった。 博多経由を軽くみていたけど、慣れないル−トを使うよりやはり長崎空港を使ったほうが早くて便利です。佐世保行きのバスは、長崎空港の場合、飛行機の到着時間が遅れたら待っていますからね。

 17日に帰京、翌日から仕事できついスケジュ−ルだった。
hirad3519 | つれづれの日 | 18:21 | - | - | - | - |

最近のNHKのニュ−スに平戸が二回でました

 

























    日のたつのは早いものです。前回のブログから1週間がたとうとしています。藻谷浩介の言葉によれば、システムの消耗品とは、東京で生活している私のような人のことで、自覚しています。

 すこし前の話になりますが、NHKのニュ−ス9を見ていたら、いきなり、この画像に近い画面が映し出されて、あれなんのことか。

 将来の人口減少のニュ−スのなかで、平戸市役所の方が、ふるさと納税のことでいろいろ工夫していることを説明されていた。

 最近でた西九州に大雨がという場面で、画像はでませんが字幕に平戸がでていました。

 平戸出身の人は別にして、システムの消耗品みたいに都会で働いている人にとってみれば目先のことばかりに追われ、歴史的な町も忘られがちになります。

 その点、時々テレビで放映されると平戸を再認識します。
 
hirad3519 | つれづれの日 | 07:56 | - | - | - | - |

映画館の閉館   三軒茶屋シネマ



三軒茶屋の映画館 平戸市堤町もロケ地の一つとなった、「悪人」を見たことのある、映画館「三軒茶屋シネマ」が7月20日をもって60年間の歴史を閉じることになりました。

 これで一時は5館もあったという三軒茶屋の映画館は、昨年2月閉館した、河童の絵で親しみのあった「三軒茶屋中央劇場」に続くもので、とうとうゼロになってしまった。

 いま上映されているのは、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ主演の「ひまわり」。
NHKの土曜ドラマ、佐世保北高卒の作家 村上龍原作の「55歳からのハロ−ライフ」をみていたら丁度この「ひまわり」がでてくる場面があった。

 顔はよく知ってるのに、この有名な女優と男優の名前がでてこないのには我ながらがっくり。

 先週の土曜日なので、ちょうど「ひまわり」が三軒茶屋シネマで上映されているときです。これもなにかの因縁です。
   



 



「三軒茶屋中央劇場」。
映画は上映されていませんが、建物はいまでもそのままです。

 なんともやりきれない、憲法の解釈改憲による「集団的自衛権行使容認」。
こんなことができるのなら、次は何か「基本的人権」や「言論の自由」の抑圧などなんでもあり。

 それにしても自民党のなかから反対意見がないのが不気味。小選挙区制に遠因があるのでは。



hirad3519 | つれづれの日 | 19:38 | - | - | - | - |
1/10PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH